新着情報

◆2014/07/18
格安航空券の5つのポイントの情報を更新しました。
◆2014/07/17
交通機関が止まった時の扱いは?の情報を更新しました。
◆2014/07/17
自己都合のキャンセルリミットの情報を更新しました。
◆2014/07/17
行きの便が飛べないときの帰り便の扱いは?の情報を更新しました。
◆2014/07/16
代替え便の料金は?の情報を更新しました。

格安航空券の5つのポイント

頻繁に旅をする方にとっては、一般的な航空会社とLCCを上手に使い分けていると思います。
でも数年に一度の旅行ともなれば、航空会社を選ぶ基準は価格が重視され、内容はイメージだけで理解してしまうのではないでしょうか。

格安航空券と言えば安く利用できるチケットで、座席が狭いとか機内サービスがない事がデメリットだと思うようです。
ひょっとすると多くの方が格安航空について間違えたイメージを持っているのかもしれないと思い、再確認の意味も込めて5つのポイントに分けてご紹介します。
1番目は予約できるのか確かめることが必要です。
国内格安航空券は料金が安いため同じ路線の航空料金と比較した人にとっては人気が高くなります。
ただし人気が高いということは、それだけ予約希望や検討している人が多いという事で、ゆっくり検討しているうちに空席が無くなってしまうかもしれません。
空席をキープしておくことはできませんので、見つけたら早目に予約することが大切です。
この時に大切なことは人数分の座席が空いているかをしっかり確かめることです。
予約途中で席が消えてしまっても予約した席を取り消せないことが多いため、希望した席は確実に押さえることが大事です。
2番目は価格に割安感があるかという事です
格安航空のチケットであっても必ず安いとは限りません。
格安航空のチケットが安いのは28日前に予約することで、また他にもタイムセールのように瞬間販売のチケットがあり、まさに安いチケットが売り出されることもあります。
格安航空には同業他社がありますので、少なくても同じ路線の他社は比較してから予約を入れたいものです。

3番目はその他のサービスが付帯状況を確認することです。
もはや格安航空のサービスについては神話のようになっていますが、機内サービスが全く無いと言うことはありません。
会社によっても違いはありますが食事やドリンクは有償提供されますし、ほかにもワゴンサービスもやっています。
ただLCCの場合には、基本は有償サービスであることと、人員配置を考えると乗客全員のリクエストは対応できないでしょうから、そこに理解が必要になります。
また搭乗手続きのIT化や機内での映像提供などは先進的なサービスとなっていますし、機内持ち込みも預け荷物と合わせると1人25kg以内になる会社もあり、1回の旅行であれば十分な荷重だと思います。
4番目は時間に余裕を持って行動する
搭乗締め切りが早いことと、LCCカウンターが離れた場所にあることが多いため、早目の行動と時間に余裕を持って行動するように心がけることが大切です。
5番目はアクシデントの対応について
どんなに準備していてもアクシデントは起こるものです。
起こった以上早く解決することが先決ですから、まずは連絡を入れることから始めましょう。
必要と思われる電話番号は携帯電話に登録しておくことと、フリーダイヤルの場合には携帯電話から掛けられるのかも確かめておくことが大切です。